1ヶ月チャレンジ

#1ヶ月チャレンジ

書く習慣〜自分と人生が変わるいちばん大切な文章力〜

この本を読んでブログを始めたいと思いました。 
書いたものがネットの海を漂って、知らないところで読まれて誰かを励ましてる。 
そんな素敵な話を読んで、私もすぐにではなくてもやってみたいと思って、 8月にこのブログを始めたのです。

書く習慣#1ヶ月チャレンジとは・・ 
読むだけでは意味がないので、書く習慣を身につけるために1ヶ月毎日何かしらの文書を書いてみようというチャレンジです。 
お題は30日間設定されているので、そのテーマを意識して過ごし、実際に書いてみたいと思います。

これまでに夢中になったものやこと

  • バスケットボール
  • バイク

バスケットボールは中学校で始めて子供を産む半年前まで続けていました。
ほぼ20年くらい続けたのち、スポ少のミニバスのコーチを今はしています。

私の通う中学校は、全員どこかの部活に所属しなければいけない中学校で、
各部活かなり強い中学校でした。
特にしたい部活もなく色々みた挙句、
近所のお姉ちゃんに誘われる形でバスケ部に入部しました。

バスケ部も人気の部活で、
男女合わせると100名越えの大所帯。
体育館半分でも使うともうぎゅうぎゅうで、
今で言う密状態になってしまうので、
1年生は外での練習を強いられます。

雨の日は校舎内で筋トレばかり・・・
本気でやめたくなりました。
転機は1年生のみが出場出来る1年生大会でした。
先輩もいないことに、羽の伸ばしてプレイできたのが良かったのか
そこで優勝してしまいます。

近畿大会出場なんて先はなく、
1回限りの大会でしたが、
そこで勝利できたのが快感になり、
バスケットボールにのめり込みます。

その決勝戦で、6連続3ポイントシュートで18得点、他34得点をマークした私は早速コーチの目に留まり、上級生の練習に入れてもらえて体育館での練習環境をゲットしました。

ただ、もちろん女同士の部活ですから、上下関係も派閥もありました。
それから逃れられるのも、上位チームに行くしかなかったので、
頑張りましたよ。
2年生になる前にはレギュラー一歩手前まで駒を進めていて、
スカウトの方まで来てました。
おかげで高校はバスケで行けました。

そんな感じで、中学高校とバスケットボールをして、
いざ社会人チームへとなり、近所の草バスケチームに行ったり、
滋賀リーグ登録チームへお誘いがあったりで、
毎日どこかでバスケをしている環境にある時に、
妊娠が発覚します。

ただこれも気がつけば6ヶ月超えていて・・・
お医者様に怒られました。
今考えれば、あり得ない話ですよね。
今は上の子もミニバスでバスケットボールをしている関係で、コーチをしています。

2人目出産を終えて、今もはまっているのはバイクです。
長男を出産して半年ほどした頃に、中型免許から取得しました。

自動車免許は持っていたのですが、オートマ限定免許だったので、
バイクのミッションの意味がわからず、
変速には苦労しました。
でも1度も試験には落ちないで、
大型免許までストレートの合格しています。

この時ばかりは運動神経よくてよかった。

と、少し思いました。

今は世界的な半導体不足で、
バイクを発注しても1年半待ちが多いので買いませんが、
これが落ち着いたらまた1台バイクを買いたいなと思っています。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます♪