1ヶ月チャレンジ

#1ヶ月チャレンジ26

書く習慣〜自分と人生が変わるいちばん大切な文章力〜

この本を読んでブログを始めたいと思いました。 
書いたものがネットの海を漂って、知らないところで読まれて誰かを励ましてる。 
そんな素敵な話を読んで、私もすぐにではなくてもやってみたいと思って、 8月にこのブログを始めたのです。

書く習慣#1ヶ月チャレンジとは・・ 
読むだけでは意味がないので、書く習慣を身につけるために1ヶ月毎日何かしらの文書を書いてみようというチャレンジです。 
お題は30日間設定されているので、そのテーマを意識して過ごし、実際に書いてみたいと思います。

今日一日にあったモヤッとした話

  • 実母のお金事情

わたしの親族は父と母のみで、いわゆる一人っ子というやつです。
父が高齢なこともあり、とても甘やかされて育った記憶があります。

そんな中で母はリウマチと戦いながら、
がんばって働いてくれていました。

そんな父も10年以上前に亡くなり、
母1人となりましたが、
遺族年金も入るようになり
ゆったりと生活していると思った矢先、
実家二階にあるものを見つけてしまうのです。

大型商業施設にたまにやってくる
お年寄りを対象にしている電位治療器の無料体験会・・・
そこで買わされたであろう高そうな機械。

ネットで調べたところ大体60万ほどのお値段。
もちろんこれはネット価格。
それより安く購入できることはないでしょう。

いくらで買ったか聞いても「言わない」の一点張り。
確かにいい余生をと家も与え、たまに買い物に連れて行ったり
お出かけしたりもしていましたが、
まさかそんなものに引っかかるとは・・・

不覚でした。

母は身体障害者1級の手帳を持っており、
持病のリュウマチの悪化による関節の変形、
四肢変形で1級の手帳をいただきました。

医師が完治はあり得ないと診断書を書いて
今の手帳があるのに、
そんな治療器で治るはずもなく、
何にそんなお金を使ってるんや?と
イラ立つばかりでした。

確かに血流の良い時は調子が良さそうにしていましたが、
寒さや、天候などで大変そうではありました。

でも一言相談してくれても良いのでは?

と思うのですが、
反対するに決まってるので見つからないと思って購入したのでしょう。

母にとっては価値のあるもので、
それで心身の痛みが和らいでいるのなら
もうそれ以上は言うまいとぐっと堪えました。

しかし、今後は10万円以上の高額商品の購入は
必ず相談してもらうように言いました。

思った以上にショックのでかいモヤッと話ですが、
わたしも主人に内緒で高額商品も買っているので、
全部が悪いわけではないと思っています。

でも、悪い奴らのいますからね。
気をつけるに越したことありません。

最後まで読んでいただいてありがとうございます♪