1ヶ月チャレンジ

#1ヶ月チャレンジ

書く習慣〜自分と人生が変わるいちばん大切な文章力〜

この本を読んでブログを始めたいと思いました。 
書いたものがネットの海を漂って、知らないところで読まれて誰かを励ましてる。 
そんな素敵な話を読んで、私もすぐにではなくてもやってみたいと思って、 8月にこのブログを始めたのです。

書く習慣#1ヶ月チャレンジとは・・ 
読むだけでは意味がないので、書く習慣を身につけるために1ヶ月毎日何かしらの文書を書いてみようというチャレンジです。 
お題は30日間設定されているので、そのテーマを意識して過ごし、実際に書いてみたいと思います。

最近悩んでいること

  • 子供の成長に合わせて自宅にいたい
  • 他の仕事もしてみたい

子供の成長と共に、一緒にいる時間が少ないのかな?と思おうことが多くなりました。
夏休みや冬休み、お盆にお正月とあまり一緒にいない気がするな・・・と思っていた矢先、長女から友人関係での相談を受けます。

「お友達の家に行きたいけど、1人ではいけない。どうすればいい?」

我が家ではスマホは小学校1年には渡し自分で管理させています。
ペアレントコントロールはしていますが、
娘のアプリ課金は自分のお小遣いでしてもらっています。

WEBカメラも室内に配備して、離れていても確認できるようにしているのですが
それでも友達の家に連れて行ってあげるということはできず、
どうしようか悩んだ挙句、夏休み期間仕事をセーブして
家にいることを選びました。

また女の子には特有の派閥のようなものがもうすでに構築されており
その内部で誰が嫌とか、誰が仲良しなんて抗争が繰り広げられているのだとか・・・

スマホなんてもたすからだという声もあるかとは思いますが、
親のスマホを使い放題されても困るし、
かといって、祖父母も高齢で頼めないとなると
これはもうスマホに頼るしかなさそうです。

来年度、長男も小学校入学を控えているのですが、
長男には最近アプリ課金されてしまいました。
これはまた別記事に書こうと思いますが、
発覚後すぐに事なきを得ています。
よかった・・・
長男にはスマホを持たせる気はありません。
本当に必要性を感じないから。

娘はすぐに報告してくれるし、何かあればすぐに連絡したいので
これからもスマホを持たせると思います。

もう一点は、「違う仕事もしてみたい」です。

長らく清掃業界にどっぷりいるので周りも知り合いばかりの環境で
あまり新鮮味がない・・
一度は違った業種で働いてみたいと思ったりもします。

違う世界を見てみたいのです。
「せっかく成功しているのに・・・」
「わざわざ苦労しなくても・・・」

と言われもしますが、違った世界を見れば
また今の会社に活かせることもあると思って、
こうしてネットの世界に飛び込んでみました。

色々な情報収集をするにあたって、
ネットは必要不可欠です。

私もたくさんの方に有益な情報を発信できるように
このブログを続けていきたいです。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。