1ヶ月チャレンジ

#1ヶ月チャレンジ


書く習慣〜自分と人生が変わるいちばん大切な文章力〜


この本を読んでブログを始めたいと思いました。 
書いたものがネットの海を漂って、知らないところで読まれて誰かを励ましてる。 
そんな素敵な話を読んで、私もすぐにではなくてもやってみたいと思って、 8月にこのブログを始めたのです。

書く習慣#1ヶ月チャレンジとは・・ 
読むだけでは意味がないので、書く習慣を身につけるために1ヶ月毎日何かしらの文書を書いてみようというチャレンジです。 
お題は30日間設定されているので、そのテーマを意識して過ごし、実際に書いてみたいと思います。

最近怒ったこと

もうこれはお母さんならあるあるですが、子供に対しては毎日何かしら怒ってます。

我が家は主人がとても綺麗好きなこともあり、
お掃除、おかたずけにはかなり厳しいです。

おかたずけをするときは、まず断捨離から始まります。
部屋の中の物を全部ぶちまけて、
いるもの要らない物に分別して、
いるものは配置を決めてから片付けていく感じです。

物の場所を決めてしまうとそれ以上のものは置けませんし、
必要以上に買わなくてすみます。

これは冷蔵庫やお風呂場、キッチンにも応用できて、
とても簡単に片付けが進むのでおすすめです。

足元にものが落ちているなら、それは要らないものだよね?
と、決めた場所へ戻すように促します。

それでもダメなら新品のゴミ袋に入れて、
「あっ!!下に置いてたから、もう要らんのやと思ったわ」
と、捨てるふりをして入れます。

そうすると自然と待って!!と子供たちからおかたずけをしてくれるので、
こちらも他のことをしながら、チラチラと見守れます。

アンガーマネジメントの講習に行った話

アンガーマネジメント・・あんまり聞かない話ですよね。

要するに、怒りをコントロールしようって話でした。
ようは怒らないように、自分自身で怒りをマネージメントしましょう
という講習に行ったことがあります。
(会社の研修です)

怒りには他の感情が隠れています。

例えば、子供が命に関わるような危ないことをした時、
親が怒る感情には、子供に対する『心配』や死んでしまうかもしれない『不安』といった感情があるのです。

怒りの感情を爆発させる前に、冷静に根本にある感情を探し、
自分の本当の感情を意識するのがアンガーマネジメントだそうです。

仕事ではそれがわかるようになってきたのですが、
子供のこととなると、瞬間的に怒ってしましますよ。

右向いてお姉ちゃんを褒めてたと思ったら、
左向いた瞬間、弟を怒る。
そんな情緒不安定なこともよくやる芸当です。

もう少し穏やかに生きていきたいと思いますが、
おかげで子供たちは周りからは優しいとよく言われます。 

親が見ていないところで、子供たちも一生懸命考えてくれているのかも。
アンガーマネジメントの講習は、自己分析の機会にもなるので研修なんかで行けるときはおすすめします。ちょっとした知識になりますよ。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます♪