1ヶ月チャレンジ

#1ヶ月チャレンジ

書く習慣〜自分と人生が変わるいちばん大切な文章力〜

この本を読んでブログを始めたいと思いました。 
書いたものがネットの海を漂って、知らないところで読まれて誰かを励ましてる。 
そんな素敵な話を読んで、私もすぐにではなくてもやってみたいと思って、 8月にこのブログを始めたのです。

書く習慣#1ヶ月チャレンジとは・・ 
読むだけでは意味がないので、書く習慣を身につけるために1ヶ月毎日何かしらの文書を書いてみようというチャレンジです。 
お題は30日間設定されているので、そのテーマを意識して過ごし、実際に書いてみたいと思います。

最近泣いたこと

泣くことによってストレスを発散する泣活というのをご存知でしょうか?

私も泣いてストレスを発散するタイプで、
映画やアニメ、漫画なんかを見て泣きます。
出産後特に涙腺が脆くよく崩壊するので、
ジブリ作品を見ても泣きます。

となりのトトロでは、さつきちゃんが
『メイのバカ!!お母さんが死んじゃったらどうするの!?』
といって姉妹喧嘩するシーンで泣き、
風の谷のナウシカでは、ナウシカが子オームを救うシーンで大号泣。

最近ではアマゾンプライムで配信された竜とそばかすの姫で、
リアルの世界での誰かを救うために、
本当の自分を晒して、大合唱するシーンに号泣しました。
これには子供たちもドン引きしていましたけどね・・・

泣く時の注意事項

泣くことでストレスは発散されますが、
問題点もあります。

  • 目が腫れる
  • 整形がとれる

この2点が非常に困る。

1点目は誰でもあるのですが、泣くと目が腫れますよね?
特に泣いている最中に皮膚を擦ったり、タオルで摩擦を起こしてしまうと特に。

たちらの対策は、言わずもがな冷やすこと。
あとは泣いたらもう垂れ流しにすることです。
絶対触らない。これにつきます。

もう1点は整形をしている方限定問題ですが、
泣きはらす、擦る、衝撃を与える。
この3点は整形した目元への御法度となります。

私は20年前に1回目。
4年前に2回目の二重術を受けています。
1回目がかなりの期間もってくれたのは、
この3点を特に気をつけたからだと思っています。

整形については他のブログでまた体験談を書きますね。

おすすめ泣活アニメ、漫画

私が泣くのに使う漫画はたくさんあるのですが、
特に泣けるのが、ワンピースのゴーイングメリー号が最期のお別れをするシーン。

ワンピース 34〜36巻のウォータセブン編〜エニエス・ロビー編に出てくるシーンです。
初期からルフィたちを冒険をしてきたメリー号ですが、
老朽化や数々の冒険のダメージで
修復不可能、航行不能と診断されてしまします。
そんな時に麦わらの海賊団絶体絶命のピンチを
救いに迎えにきてくれるのです。
麦わらの一味を無事脱出させたゴーイングメリー号は
限界を迎えてどんどん崩れていきます。
最期の火葬シーンで「今まで大切にしてくれてありがとう。僕はほんとうに幸せだった』
の言葉に大号泣。
物を大切にしようと思いましたね。

いつでも泣ける名シーンです。

アニメでは、『あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない』
が、おすすめです。
ただ、泣ける人泣けない人がキッパリ別れるそうで、
私は泣ける人でした。

淡々と進むストーリーに初めは流し見していたのですが、
9話以降一気にわかりだす展開と最終話でわかるスッキリ感で
今でもたまに見たくなる作品です。
アニメにハマるきっかけとなった作品でもあります。

泣きたい時のラインナップに入れていただければ幸いです。

最後まで読んでいただいてありがとうございました♪