1ヶ月チャレンジ

#1ヶ月チャレンジ

書く習慣〜自分と人生が変わるいちばん大切な文章力〜

この本を読んでブログを始めたいと思いました。 
書いたものがネットの海を漂って、知らないところで読まれて誰かを励ましてる。 
そんな素敵な話を読んで、私もすぐにではなくてもやってみたいと思って、 8月にこのブログを始めたのです。

書く習慣#1ヶ月チャレンジとは・・ 
読むだけでは意味がないので、書く習慣を身につけるために1ヶ月毎日何かしらの文書を書いてみようというチャレンジです。 
お題は30日間設定されているので、そのテーマを意識して過ごし、実際に書いてみたいと思います。

自分の得意なこと

  • 暗記&記憶
  • やることをリスト化して、消化すること

とにかく暗記するのが得意で、小学校の頃はテスト範囲を全て丸暗記していて、
いい点ばかりでした。
応用になると全くで、公式だけ覚えて当てはめて答えを出していました。
記憶も得意で、
何日に誰と何をした。
くらいのことは、何年前でも覚えていたりして、
ちょっと気味悪がられることもあります。

いいことも悪いことも、しょうもないことまで覚えていたりして
ちょっと疲れるので、1日経つ前に日記に書いて

これは忘れてもいい。
これは覚えておくといい。
など、記憶の選別をしています。
これは精神科医の先生にお聞きしたのですが、
いいことは覚えておくといいのですが、悪いことや落ち込んだことは
いつまでも覚えているとメンタルに支障が出るらしく、
私のような忘ない人間は忘れて良いよ!きっかけを作らないと忘れないのだとか・・

良いのか悪いのかわからない機能ですが、
おかげで小学校低学年くらいから寝る前に日記を書く習慣があります。

思春期になると膨大な量を書いていましたが、
最近は行動ログみたいな感じになので、
安定したんだなと思います。

次はやることをリスト化して、消化すること

これはどこの会社に言ってもよく言ってもらえるのですが、
とにかく仕事をリスト化して、それを消化して行くのが早いそうです。

そりゃ、漠然と仕事に立ち向かうよりは、
どう動いてこなしていくかが見えてる方が、何事もやりやすいじゃないか?

誰でもしているようで、意外とされてないのがこれなんだと思います。

料理でも家事でも、作業終了までをタスク化すれば
結構簡単にできて、ダラダラしなくて済むし空いた時間でブログが読める!
そう考えたら頑張れますよ!

まずはメモに書くことから始めて、慣れてきたら頭の中にメモを貼る。
それができるようになると、「こいつ・・できるな・・・」と思ってもらえるみたいです。

最後まで読んでいただいてありがとうございます♪