お出かけ

めんたいパーク滋賀に行ってきた

子供たちの楽園!?めっちゃ遊べる道の駅

2021年にできためんたいパーク滋賀に行ってきました。

お酒は飲めませんが、明太子大好きなわたしには楽園ではないだろうか?

旦那も好きなのですが、

尿酸値が気になるそうで・・・かわいそうに。

こんなに美味しいものを我慢しないといけないなんて。

わたしがしっかりいただいておきました。

今日はそんなめんたいパークをご紹介いたします。

駐車場が広い!!入れないはなさそう

元鮎屋の郷だった場所に2021年12月オープンしためんたいパーク滋賀。

鮎屋の郷はコロナの影響で閉店したのですが、2021年もコロナ禍ですが、

全く影響なしってくらいたくさんの人が訪れています。

大型車両も入れるような広大な駐車場があります。

誘導員さんもいて迷ったりすることもなさそう。

入口

めんたいこ一色の世界

中はめんたいパークの名に恥じないめんたいこ一色!

作ってるところもガラス越しに見れたりします。

お土産コーナーやフードコートもあって、メニューも豊富。

おにぎり、めんたいパスタ、めんたいソフトクリームなんてのもありました。

おにぎりも390円しますが、大きくて食べ応え抜群でした。

具も多くて、2つ食べたらお腹いっぱいになりました。

お茶も無料のサーバーがあって、冷たいのもあったかいのもいただけます。

もちろん自販機もあるので、ジュースも買えます。

遊び場に子供たち歓喜

このブログの題名にもなてっる通り、遊び場が充実しています。

こちらは室内遊戯場。

この時はプレオープンだったので、少なかったですが、

休日はなかなかの人だかりです。

うちの子供たちはボルダリングが楽しかったようで、

ずっとチャレンジしていました。

周りに座るところもあって、ちょっと休憩しながら遊べます。

2階にも少し遊ぶところがありました。

2回は景色を楽しみながら食事ができるビューテラスもありました。
1Fにも2Fにもたくさんの席があるので、ゆっくり食べられました。

帰りに寄るのがおすすめなわけ

お土産にめんたいこを買って帰りたかったのですが、

この日はまだ琵琶湖博物館に行く予定があり、

泣く泣く明太子は諦めました。

冷凍されているとはいえ、

生物ですので、早く家に帰って冷蔵庫に入れたい。

そうなるので、行くときは帰りの段階で寄るのがおすすめです。

保冷剤も入れてくれるので、近場でちょっとのお出かけならいいのかも・・・

まとめ

めんたいパークは明太子好きの楽園。

お値段は円安の影響かここ数ヶ月上がってきております。

オープン当時1パック2,000円の生明太が今は2300円。

それでもスーパーで購入するよりは安い。

使えなかったら冷凍しておけます。

わたしは1人ご飯の時にめんたいパスタにして食べています。

試食もあったり、子供たちも楽しめる素敵な施設でした。

これが入口

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます♪